« 結婚式の二次会 | トップページ | 大判焼き »

子育て支援と春の海

今日は、思いがけずパパがお休みをしてくれた。先週からずっとすごーく忙しかったから、お疲れ様休暇とのこと。 午前中は、子育て支援の講演会?があったので、参加。隣の方に、預かっていただく予定だったチビは、パパにみてもらうことに…。チビは、隣の方がだーいすきなので、ちょっと残念そうだった。

葉山は子育て支援が、まだ未開発。このところ、若い世代が急に増え、隣の逗子市が、若い市長のために急激に子育て支援が進展したせいか、葉山町もようやく重い腰をあげたらしい。                                                    私自身、亡き父が入院中は、チビの預け先がなくて困った。保育園の一時保育とかもあるけど、母の希望(父が助かるのならともかく、そうでなかったので、集団に預けて孫を泣かせたり、病気をうつってきたりさせたくなかったみたい)もあって、断念。実際のところ、私は保育士をしていたときに、受け入れ側として、クラスをもっていたが、私のいた保育園の一時保育は、事前に申し込み・面接が必要だった。また時間もかなり限られたものだった。集団は母の心配どおり、いらない?感染症とかうつる確率も高い。            一日くらいだったら、ご近所や友達にも頼めるけど、続けてとなると頼むのも頼みづらい…。                                                  実際に預けたいときって、事前の予約なんてできないとき。例えば、兄弟がうつる病気になっちゃったとか、自分が急にどこか具合悪いとか、あるいは家族が急に具合悪いとか…。事前に頼めるくらいなら、誰かに頼んでるよね?

自分でも相当困ったし、葉山町は子育て支援がかなり遅れているので、できれば、自分で預かる側として役に立てたらいいなと常々思っていた。でもいざ、よそ様の子を預かるとなると、保険とかの問題とかもあるし、なかなか自分ひとりでは始めることが出来ずにいたのだ。だから、葉山町が子育て支援を始めるので、サポーター育成講座をするという時点でもちろん参加したいと思った。ところが、だ。この育成講座、託児がないらしい…。福祉課の方は、かなり検討してくださったのだが、教育委員会のほうで、「予算がない」。託児がないから、はじめようとしてるのに、一体どういうつもりだ?!だから、行政のやることはよくわからない。  私の場合、幸い一日だけでも周囲の協力により参加でき、免許と実務経験があるということで、無事にサポーターに登録できそうだが…。

個人的には、すでに預かっていらっしゃる方も何人かいらっしゃって、お話を聞けてとってもためになったが、行政的には0からのスタート…。微力ながら、出来ることはしていきたいなと思っています。

さてさて、堅い話はここまで(笑)お昼は、パパとチビと三人でBIO COMPLEXでlunch。     なかなかおしゃれなとこなので、入った事がなかったけど、店員さんはとっても気さくで、チビもすっかりリラックス。ワンちゃんも同伴可で、昼からワインを傾けるおしゃれなカップルとかもいました。お料理はレデイースランチ(オムライスのチーズソース)とランチ(鳥のソテー)。チビに分けるのもはばかれるくらい、とっても美味でした。パパとママがコーヒータイムになったら、チビにはりんごジュースをサービスしてくださって、チビは大喜び。今度は子供抜きで、お酒を楽しみにいきたいな…。

そして、風がちょっぴり吹いてきたので午後はウインド。パパが先に乗って8。0で、プレーニング。私は5.5だったので、走れなかったけど、太陽の道?をずーっと名島の鳥居の横くらいまで辿っていき、とても気持ちよかったです。あったかかったし、ぼらが跳ねてたり、わかめがうようよしてたりして、すっかり春の海でした。

|

« 結婚式の二次会 | トップページ | 大判焼き »

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29783/797085

この記事へのトラックバック一覧です: 子育て支援と春の海:

« 結婚式の二次会 | トップページ | 大判焼き »